So-net無料ブログ作成
検索選択

日本における槍の一般的な構造 [槍]

日本における槍の一般的な構造は、木製あるいは複合性逆援助の「打柄」の長い柄の先端に、先を尖らせて刃をつけた金属製の穂(ほ)を挿し込んだもの。

日本では古墳時代から矛の使用が見られるものの、その後は廃れ、
平安時代末期からは薙刀のほうが普及する。

しかしその後薙刀よりも実戦向であるとして、槍が普及する事となる。

ちなみに矛と槍の違いについては諸説ある(詳細は矛の項目を参照の事)が、
実質上は単なる時代区分によるものであって、同じものを古代は矛、中世以降は槍と称したと解釈して問題ないように思われる。

新井白石も槍について「"やり"というのは古の"ほこ"の制度で作り出されたものだろう。
元弘・建武年間から世に広まったらしい」と著書で述べている。
そして文中の記述において、"やり"には"也利"、″ほこ"には″槍"の字を充てている。

槍と言うのは非常にかっこいい武器ですよね。

リーチーの長さを一番最初に利用したのは戦国一のカリスマ織田信長だそうです。


nice!(0) 

四神槍 [槍]

最近、マガジンの我間乱というマンガで"四神槍"なる槍使い4人組が出てきて

槍フェチの俺としては嬉しく思っています^^

だけど、敵キャラとして出てきてるから殺されちゃうんだろうなぁ。。でも、4人ともそれぞれ違った槍術の使い手であってマンガとしてはいい敵キャラになってるよねぇ^^

ま、それで納得しとこう。。
nice!(0) 

槍を振るう [槍]

槍の武器としてのメリットはなんといってもそのリーチでしょう。

しかし、懐に入られるとピンチになるのは事実です。長所ゆえの短所なわけですな。

拙者、そんな槍をこよなく愛す槍使いとして逆援や盗みを働く謀反者を成敗していく所存です。

なんつってw

ゲームでしか使用しませんがー、槍のフォルムが一番好きです。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。